表題:地盤改良技術工法詳細
 
CDM工法
 

スラリー化したセメント系改良材を軟弱地盤中に注入し、軟弱地盤と攪拌混合することで化学的に固化する工法である。標準的な施工では貫入中に攪拌翼下部からセメントスラリーを吐出し、引抜き時に原位置土と攪拌混合を行う。

工程図
長所 1. 砂質土、粘性土をはじめ有機質土等さまざまな地盤に適用が可能である。
2. 改良目的に応じて仕様(改良形式・改良強度)の選定ができる。
3. 振動・騒音が小さい。
短所 1. 締固め工法などと比較して工事費が高い。
2. 機械攪拌のため構造物に接した施工はできない。
3. 施工に伴う盛り上がり土の処理が必要である。
適用地盤 砂質土,粘性土,有機質土等ほとんどすべての土質
適用目的 構造物基礎,すべり対策,沈下対策,液状化対策等
改良効果

粘性土:
強度増加,沈下低減,
せん断変形の抑制

砂質土:
液状化防止,沈下低減

仕様  
杭体面積
1.50㎡
改良形式
ブロック式,壁式,格子式,杭式
改良率
20%~100%
打設深度
最大 GL-45m程度
貫入強度
最大 N値<15程度
使用材料
セメントスラリー
環境  
振動
小さい
騒音
小さい
地盤変位
比較的小さい
評価・登録  
   
   
   
 
 
ページの先頭へ