表題:地盤改良技術工法詳細
 
CDM-LODIC工法 CDM-LODIC工法
 

従来の攪拌混合翼の上部にスクリューを取り付け、貫入、引抜き時にセメントスラリーの投入量に相当する土砂を排土することで、周辺地盤や既設構造物に影響を与えることなく施工が可能な変位低減型のCDM工法である。

工程図
長所 1. 貫入と引抜き時の排土により周辺地盤や既設構造物への影響が小さい。
2. 現場条件に合わせて1.50㎡と2.17㎡と2.56㎡の3タイプから選択が可能である。
短所 1. 締固め工法などと比較して工事費が高い。
2. 機械攪拌のため構造物に接した施工はできない。
3. 排土処理が必要である。
適用地盤 砂質土,粘性土,有機質土等ほとんどすべての土質
適用目的 構造物周辺の基礎,すべり対策,沈下対策等
改良効果

粘性土:
強度増加,沈下低減,
せん断変形の抑制

砂質土:
液状化防止,沈下低減

仕様  
杭体面積
1.50㎡,2.17㎡,2.56㎡
改良形式
ブロック式,壁式,格子式,杭式
改良率
20%~100%
打設深度
最大 GL-40m程度(1.50㎡)
貫入強度
最大 N値<15程度(1.50㎡)
使用材料
セメントスラリー
環境  
振動
小さい
騒音
小さい
地盤変位
ほとんど無い
評価・登録  
   
   
   
 
 
ページの先頭へ