表題:地盤改良技術工法詳細
海上サンドコンパクションパイル(海上SCP)工法
 

バイブロハンマーを用いてケーシングパイプの引き抜き打ち戻し工程を繰り返すことにより、地盤中に締め固めた砂杭を強制的に造成する。砂質地盤では砂杭の圧入効果により、地盤全体の相対密度を高め、せん断強度を増加させる。粘性土地盤では粘性土と砂杭の複合地盤を形成し地盤を強化する。

工程図
長所 1. 砂質土、粘性土をはじめ有機質土等さまざまな地盤に適用が可能である。
2. 締固め、補強、圧密排水の効果が同時に得られる。
3. 中詰め材料に砕石やスラグ等の使用が可能である。
4. 大型施工機により大深度の施工が可能である。
短所 1. 振動・騒音の影響が大きい。
2. 周辺地盤の変位が大きい。
3. 施工機が大型のため超軟弱地盤では別途対策が必要である。
適用地盤 砂質土,粘性土,有機質土等ほとんどすべての土質
適用目的 液状化対策,沈下対策,構造物の基礎等
改良効果

砂質土:
液状化防止,沈下低減,
せん断強度増加

粘性土:
圧密促進,残留沈下の低減,
せん断強度増加

仕様  
標準杭径
φ700㎜
杭配置
正方形,正三角形,平行四辺形,長方形
打設間隔
□1.1m~2.8m程度
置換率
5%~30%程度
打設深度
最大 GL-40m程度
貫入強度
最大 N値<20程度
使用材料
砂,砕石,スラグ,再生材等
環境  
振動
大きい
騒音
大きい
地盤変位
大きい
評価・登録  
   
   
   
 
 
ページの先頭へ