表題:地盤改良技術工法詳細
 
ソイルバイブロスタビライジング工法
 

緩い砂質地盤内に地表面から砂等を補給しながら、バイブロハンマーと先端振動体(バイブロフロット)を装備した圧入ロッドを、地盤中で貫入・引き抜きを繰り返すことで振動を与え地盤全体を締固める工法である。砂質地盤の相対密度を高め、せん断抵抗を増し液状化防止を行う。

工程図
長所 1. 補給材に現地発生土が利用できる。
2. 陸上SCPと比較して施工能力が高くなるため、経済的である。
3. 液状化防止に効果的である。
短所 1. 振動・騒音の影響が大きい。
2. 改良地盤に粘性土層が存在する場合は、下層部へ補給材の供給を妨げられる恐れがある。
3. 補給材使用量の管理が1本当りで、SCPのような1m単位の管理ができない。
適用地盤 緩い砂質土
適用目的 護岸・岸壁背面の液状化対策等
改良効果

砂質土:
液状化防止,沈下低減,
せん断強度増加

粘性土:
適用不可

仕様  
標準杭径
換算径:φ600㎜
杭配置
正方形,正三角形,平行四辺形,長方形
打設間隔
□1.2m~2.4m程度
置換率
5%~20%程度
打設深度
最大 GL-25m程度
貫入強度
最大 N値<20程度
使用材料
砂,砕石,スラグ,再生材,
現地発生土等
環境  
振動
大きい
騒音
大きい
地盤変位
比較的小さいが注意が必要
評価・登録  
   
   
   
 
 
ページの先頭へ