表題:地盤改良技術工法詳細
 
ディープバイブロ工法
 

ロッド先端に取り付けられた大容量バイブレータ(バイブロフロット)の水平方向の振動エネルギーによって、地盤や供給される補給材を低振動・低騒音で締固める工法である。砂質地盤のせん断強度を増加させ液状化防止を行う。

工程図
長所 1. 振動・騒音が小さく、周辺地盤の変位も少ないため都市部や既設構造物近傍での施工が可能である。
2. 施工機械がコンパクトなため、狭い場所で施工が可能である。
3. 補給材に現地発生土が利用できる。
短所 1. バイブロハンマーを使用する工法と比較して施工能力が低いため、工事費がやや割高となる。
2. 貫入能力がバイブロハンマー方式に比べて小さい。
3. 補給材使用量の管理が1本当りで、SCP工法のような1m単位の管理ができない。
適用地盤 緩い砂質土
適用目的 既設構造物付近の液状化対策等
改良効果

砂質土:
液状化防止,沈下低減,
せん断強度増加

粘性土:適用不可

仕様  
標準杭径
換算径:φ650㎜
杭配置
正方形,正三角形,平行四辺形,長方形
打設間隔
□1.3m~2.6m程度
置換率
5%~20%程度
打設深度
最大 GL-20m程度
貫入強度
最大 N値<15程度
使用材料
砂,砕石,スラグ,再生材,
現地発生土等
環境  
振動
比較的小さい
騒音
比較的小さい
地盤変位
小さい
評価・登録 港湾に係る民間技術の評価
第92203号
NETIS登録KT-980238-A
港湾に係る民間技術の評価
   
   
 
 
ページの先頭へ