地盤改良工法ーステップ(STEP)工法

 
地盤改良工法ーステップ工法
 
ステップ工法とは
超低振動
建設技術審査証明(一般土木)技審証第22号(財)国土技術研究センター 平成20年1月
造成メカニズム
STEP工法は、インナースクリューと、その先端側面から噴射する間欠エアーによって、ケーシング内の材料を強制排出し、回転トルクを作用させることで、緩い砂地盤中に拡径、締め固めされた杭を造成します。
 
造成メカニズムのイラスト図
施工機械
施工機械は
・削孔のためのケーシングパイプと専用オーガ
・独立駆動する管内材料の排出・締め固めのためのインナースクリューと専用オーガ(定格トルク51.5KN-m)
・材料の排出効率を高めるための間欠エアー噴射システム
の3部から構成されます。
施工機概要
施工手順
STEP工法は、地盤中に強制排出した材料に独立駆動するインナースクリュー先端部で捻りを作用させ、
単位長さの締固め杭を造成し、この造成工程を段階的に繰返すことで連続した締固め杭が完成します。
step施工手順
締固め杭の出来形
締固め杭は、適用範囲内の使用材料であれば確実に標準径Φ700以上を満足し、
深度方向の連続性も十分です。
締固め杭の出来形
締固め杭の出来形
さらに詳しい工法の詳細は「地盤改良技術工法詳細-STEP工法」 でご覧頂けます。
 
ページの先頭へ